invisible Future - ym blog -

「電子音楽家」「ブレインアップデート・ソウルシフトアーティスト」こと、invisible Futureのymによる制作裏話や独り言、与太話などをあなたに。

miku+iF ym ひとりごと オネガイ ライブ 音楽トピック

2016#013

投稿日:

ミクイフのライブのお知らせです

唐突ですが、告知です。

今年2回目となるミクイフのライブが4/10にあります。
女性ボーカルだけを集めたイベントだそうです。

日程:4月10日(日)
会場:四谷LOTUS
公演名:GIRLS SONIC vol.15
開場/開演:18:00/18:30
前売/当日:2400円/2900円(ドリンク代別600円)
ペア割:5000円(2ドリンク込)※お二人様ご一緒に入場の場合のみ適応
出演:miku+iF/三上ナミと謎の地方公務員/猫屋敷ロマンス/紅音
https://www.facebook.com/events/1255707831124254/

チケット、あります。
受付でミクイフ見に来たっておっしゃっていただければ前売り料金で入れます。
正直、少々お高いですが、損はさせません!
ご都合つく方は、面識あろうとなかろうとぜひ。

よろしくお願いいたします。
20160117_5833

 

20160117_1481

 

20160117_5447

 

今回もまた微妙に前回とはステージングが変わります。些細な違いですけど、見てくださる方も自分たちも楽しい方がいいですからね。

ところで、バンド時代からライブをやるのが当たり前だったのですが、昨年位からinvisible Futureについては、ライブやる必要性をあまり感じなくなってきました。もちろん需要があればやるのですが、自ら身を削って積極的にという意識はなくなりましたね。あ、DJでもライブでもオファーは常に受け付けてますからお気軽にどうぞ!

逆に、ライブやらなくちゃいけないのがミクイフなんです。なので、こちらは身を削ってもライブを続けます。
こちらもオファーは常時お待ちしております。お気軽にお声がけください。

そして、某楽団。こちらもライブありきなんです。詳細は開かせないのですが、本格稼働したらこちらが一番派手になるかもしれませんね・・・。

20160117_5858

 

スマホファーストな縦MV

これはやられた!
できればスマホ・・iPhoneを縦にした状態で、フルサイズで見ていただきたく。
Chromeのデベロッパーツールなどを使ってパソコンで見ても雰囲気はわかるかな。

RUN and RUN / lyrical school 【MV for Smartphone】 from RUNandRUN_lyrisch on Vimeo.

こういうアイディアは先にやり、かつある程度周知させた者が勝ち、だと思います。
その意味でこの動画には「してやられた」思いが残ります。悔しいな。

でも、この作品はよくできてると思います。あっぱれです。
ボクが手がけるモノにこの手の表現は必要ないかもしれませんが、こういった意味で何かの先達になろうと思った次第です。

負けてられないなぁ。

空2016-03-25 17.25.22

 

がんばる。

 

心に寄り添う電子音楽家

ym

-miku+iF, ym, ひとりごと, オネガイ, ライブ, 音楽トピック

執筆者:

関連記事

雑記#20151012 (メシやメモを作りましたよ、の巻。)

ym丼3ふたたび。 ボクはかなりの外道だという自覚があります。うん、あるんだよ。でもたまには家に貢献したいじゃないですか?というワケで連休初日の夜になんちゃって料理男子になってみました。うんと、「自称 …

雑記#20151117 (暗い、音メモ。、貼った)

仄暗い心。 自分が眼にする世の中がさらに暗くなってきた。個人的にも実は、今とっても暗い。 「仄暗い」って感じ。 「自業自得」。 「打ち破る何か」 「出口を知りたい」 「一瞬取れた均衡を確実なモノにする …

2016#21

時間を外した日 2016.07.25、時間を外した日でした。 毎年おめでとうって言ってますね。 次こそはこの日はお休みにしたいです。 というかこの周辺の日程でバカンスとかいいですね・・・。 がんばろっ …

こっちはどうかな?

では、この記事はどう見えるのか? という検証です。 写真は昼にいただきました。 かなり美味しいんだけど残念なコトに平日の昼しか食べられないのですよ・・・。 ym

雑記#20151101 (得能くんのライブ、音メモ、iPadマスタリング)

得能くんのライブ 彼に初めて会ったのは、数年前の札幌でのイベントでの共演。当時から抜群の個性を放っていた彼のライブに一目惚れしたのが、得能くんとの縁の始まり。以来、何度かはmiku+iFで同じイベント …

メールアドレスを記入して購読していただくと、この与太話の更新がメールに送られてくる仕組みになっております。
よろしければ、ぜひ。

follow us in feedly
2018年6月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930