invisible Future - ym blog -

「電子音楽家」「ブレインアップデート・ソウルシフトアーティスト」こと、invisible Futureのymによる制作裏話や独り言、与太話などをあなたに。

ym ひとりごと セケン 出来事 政治 雑記

2016#009

投稿日:

「学ぶ」べきこと

今週は来るかもしれないし来ないかもしれない大地震の影を気にしながら日々過ごしています。
かといって何か備えがあるのかときかれるとないんですけどね・・・。

2016-02-18 15.13.22

 

ところで、前から気にしていてずっとこのページは開いてるんだけど読んでない記事があったので、ここに貼ってみます。

15ヶ国語を操った語学の天才シュリーマン、その超シンプルな学習方法は俺たちでも全然パクれる!
http://matome.naver.jp/odai/2141623628053492501

これは実践しようと思ったらできそうなことがわりとある気がするんですよね。
英語は日常会話ができる程度には習得した言語の一つなので、やってみようかな。改めて思うのは赤ちゃんが言葉を覚える感覚ってすごいなぁってことです。赤ちゃんは最初は言葉以外のところで、感じ取るわけでしょ?自分も生まれた頃はそうだったんだなぁって思うと、人間て忘却の中で生きてるんだな、なんてことを感じざるを得ないですねぇ・・。

ところで、早く読みたいのに読めてない雑誌のひとつがこちら。
ワイアード2016-02-10 14.58.11

こちらも「学ぶ」ということで共通してるかな?ってことで・・・。
内容違うけど、もうひとつ貼っておきます。こちらは今日、FBで見かけた記事です。

40代で下流老人としての未来が確定しつつある人たち
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160223-01057369-sspa-soci

とても身につまされます。

正直、こういう恐怖がないといえば嘘になる。言葉の是否はおくとして、自分がこの先下流老人になる可能性はありますし。いや、それにすらなれない可能性もあるわけですよね。
そんなことを考えたら、冒頭で触れた大地震などもそうですし、昨今の世の中の感じだと、テロや戦争の恐怖も拭い去れないし、のんびりしてる場合じゃないなってなりました。そう、今は「生き急ぐ」くらいでいいんじゃないでしょうか?

もうひとつ大きなこととして、「放射能の恐怖」これがあります。311から5年。いよいよ「直ちに影響はない」の「直ちに」ではなくなる頃です。ということは影響が目に見えて出てくるのもそろそろなんじゃないかと。
今までできた目隠しでは足りなくなる頃ではないのか?と。

心象_6844

 

やっぱり生き急ぐべきなのかもしれません。
ボクはそうします。

痛みと心に寄り添う電子音楽家
ym

-ym, ひとりごと, セケン, 出来事, 政治, 雑記

執筆者:

関連記事

ささくれだつ。

書かないわけにいかない 今週はずっとざわざわして、イライラしてる。 なんですか?あのだまし討ち採決は?「ステルス採決」か?速記止めてる間にって、そんなのまかり通っていいのか?(いいわけがありません!) …

ワールドハピネス2015に行ってきた話

ものすごく乱暴に一言でいっちゃうと「楽しかった!!」 久しぶりの夏フェスでした。 思えば第一回のフジロックから、2003年までは毎年参加し、サマソニにも数回、RSRも数回は行ったワタクシ。夏といえばフ …

ここまでの制作日誌アーカイブス−1

ここらで一旦 まとめてみようかな。 まだまだ制作といってもメモ的なモノ、素材っぽいモノばかりを集めている段階なので、完成には程遠いですが・・・。 書き始めた制作日誌も二桁目に突入したので、アーカイブし …

2016#001

新年のご挨拶 昨年をまとめることもないままに新年になってしまいました(^^;; ロクなコトのないこの国ですが、ボクや周りの皆様はどうやら新年を無事に迎えることができたようです。 明けましておめでとうご …

– Set Me Free 開始のご挨拶 –

今回はお伝えしたいことがあるんです。 invisible Futureことymが残りの人生を費やす所存で始めようとしている活動についてです。   Set Me Free Project 私、 …

PREV
2016#008
NEXT
2016#010

メールアドレスを記入して購読していただくと、この与太話の更新がメールに送られてくる仕組みになっております。
よろしければ、ぜひ。

follow us in feedly
2022年10月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31